インテリア

家のことを見直す

作業員

何より、リフォームは大きなイベントとなります。費用が安くても、見積もりにきた業者が、頼りなければ、工事が終わるまでどころか、ずっといやな思いをしなくてはいけないかも知れません。担当者が誠実で頼りになる所で頼むことが一番です。

詳細を確認する...

家の修復には

作業員

現在のリフォーム業者の形態にについては、大手の住宅メーカーやリフォームを専門に行っているチェーン店、地域密着の工務店などがある。その他には、ホームセンターや便利屋なども対応している場合もみられている。

詳細を確認する...

住宅リフォーム

作業員

スケルトンリフォームでは、内装や間取りを大幅に変えることが可能です。このようなリフォームを利用して、今後は中古物件を再利用するスタイルが増えていくと予想されます。スケルトンリフォームは、その後の物件の利用法も考慮しながら進めることが大切です。

詳細を確認する...

無駄な出費を抑えて施工

塗料と施工面積が影響

床

業者にフロアコーティングの相談を考える場合、多くの人が気にするのが施工価格です。実際にどれくらいのお金が施工に必要となるかは、個別のケースによって異なりますが、価格に大きく影響しているのは塗料の種類と施工面積となります。 塗料の種類は高性能なものほどコストが高くなり、施工面積も当然増えるほど高くなります。具体的な例を挙げていくと、最新のフロアコーティングであるUVコーティングとガラスコーティングは1平米あたり4,000円から5,000円ほど、多くの業者が扱える定番の商品でもあるウレタンコーティングの場合は1平米で2,000円ほどとなります。価格の安さを求めるならば水性アクリルコーティングも最適で、1平米あたり1,000円ほどで施工できます。

施工料金を下げる工夫

単にフロアコーティングの価格を下げたいだけならば、コーティング塗料の種類を安価なアクリルやウレタンに変更するだけでも目的は達成できます。アクリル系のフロアコーティングならば、1部屋5万円程度の料金も可能です。しかしフロアコーティングの品質を維持してその価格を下げるためには当然工夫が必要となります。 価格を下げるための工夫としてまず出来ることが、余計な作業が生じないように事前に準備をしておくことです。例えば施工を行う予定の部屋に家具が多く残っている場合、部屋を半分ずつに分けて施工を日時をずらして行うことになります。そうなれば当然余計に費用が発生するので価格を下げるのは困難です。そのため施工前には部屋の家財を片づけておくのが施工の価格を引き下げるポイントとなります。 また複数の業者に相談をして相見積を行わせるのもとても有効な工夫です。相見積によってそれぞれの業者が施工価格を下げて見積りを再提示してくれる事があるからです。